読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60歳未満の方!ハルモニアのレビューです

重く厚く!そして壮大。特に「謳う丘‐Salavec rhapalanca‐」は!やり過ぎた感が…。今までの幻想的なヒーリングミュージックに!新たな要素がプラスされたような印象のアルバムです。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月11日 ランキング上位商品↑

ハルモニアハルモニア [ 志方あきこ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

謳う丘も壮大なストーリー性が感じられてよかったです。1曲目から順番に聴くと、最後の曲までの一連の流れが一つの物語のようで、満たされた気持ちになります。コンサートの予習用にと購入したのですが!予想以上のアルバムでした。じっくり聞きたいと思っていた映画の主題歌やゲームの主題歌が入っていた事にも満足。たまりません。うみねこのなく頃に〜煉獄〜は『CD[うみねこのなく頃に]』に収録されている原曲とはサウンドだけが一緒で歌詞内容はまったく違う全編イタリア語(?)で素晴らしかったです。ほんと、コンサートに行けないのが残念なくらい!風・火・水・地というコンセプトで創られたアルバムみたいですが、それを理解していないと個性的すぎる濃ゆーい曲の数々に驚くかも…?新しい事に挑戦している曲もあり、いつもの幻想的で素敵な曲もあり…ですが、全体的に肩に力の入りすぎた曲が多い気がします。四大元素の源を讚える通り、力が沸々と沸き上がって来るかの如くの調べです。満足しました。マニアにはうれしい一品です。うん、訳がわからないな。メジャーデビュー前からのファンですが、今回のCDも世界観が壮大でとても良いです。謳う丘は歌詞が長かったためかヒュノムのルビがカットされていて折角の物語のある歌詞と曲を合わせて聴いていられないのが残念。とにかく聴いていて元気が出て来ます。でも、買って悔いなしの1枚です。でも映画やゲーム等のサントラのような壮大な物語りを感じさせる一枚です。(歌詞にヒュノムスのアルファベット表記がなかったのが唯一残念)天野月子さんが一曲作詞提供されていて!二人のファンの私にとっては嬉しいサプライズでした。志方さんの歌が大好きで購入しました。収録数はアルバム3作品の中で最も多い17曲。中盤の高速ヒュムノスの掛け合いは良かったですが!後半の芝居がかった歌い方に苦笑…。相変わらず濃いです。志方さんにしか歌えないメロディは相変わらず。志方さんの新たな歌声の一面をGET。個人的には「風と羅針盤」が!最初はポップで意外な気もしたけど!爽やかで一番気に入った曲です♪前から好きだった人はもちろん!今まで聴いた事がない人には!このアルバムが私のイチオシです。RAKAのモンラムのようなコーラス系がもうちょっと聴きたかったのと!謳う丘後半の演出にまだ慣れないので!−1。今回も素敵な仕上がりでした!コーラスが少なめ?なのがちょっと残念ですが、相変わらず壮大な世界感を作り出しています。珍しい曲調ですが!自由気ままに吹き抜けていく「風」のように!軽やかなメロディー。志方さんの多彩な歌声が楽しめます。初期の清澄で神秘的な雰囲気も素敵ですが、ドコンドコン訴えかけてくる迫力もまた素晴らしいです。曲それぞれはとても素敵でしたが!CD全編を通して“交響曲”を表現しているためか!ちょ〜っと単調に感じる事も。ステキです。あとまとまりは微妙になかったような…?。「Harmonia」コンサートで!ファンと一緒に盛り上がれるようにと作られた「風と羅針盤」。今回は、壮大でファンタジックなイメージで、以前より民族&ダーク調が多めかな〜と感じました。でも!ただ四つのエレメンツはよく分からなかったです。